2007年07月12日

靴磨き

久しぶりに街中で靴磨きのおばさん(もしかしておばあさん)に靴を磨いてもらいました。今の靴は買って半年になるのですが、プロに磨いてもらうのは初めてです。

靴は、買ったらすぐに磨きます。途中、安物の靴墨に変えたのですが、
そのことを見抜かれてしまいました。『お客さん磨いてあるけど、なんかべとつくね〜』とか言われて・・・
安物の靴墨は、靴の表面の繊維の中に入り込んで粘りが出てしまうとのこと。恐るべき観察力にへ〜とうなってしまいました。

靴は、とにかく買った当初の手入れが一番大事。はき始めにプロに磨いてもらうことにより、非常に長持ちすること請け合いです。

昔は、はいている靴と手入れの云々について、男を判断する方もおられたとか。今は、高級な靴をはいていらっしゃるのにほとんど手入れをせず、はきつぶしている人が多いそうです。

せめて、ブラシをかけて、汚れを落とし、靴墨を少しつけて布でふき取るぐらいの手入れはして欲しいものです。

有名人では、昔故橋本龍太郎元首相がご自宅の玄関に靴をずらーと並べて靴磨きに一言述べられている写真が印象的でした。
posted by けんちゃん at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。