2007年08月19日

ブルーベリー

1日の中でパソコンを使う時間が増え、目薬を使う機会が増えてきましたが、どうしても眼の疲れが取れにくくなったため、ブルーベリーの錠剤を飲むようになりました。

一月ほど継続すると眼の疲れもとれ、非常に楽になりました。

錠剤を飲むばかりでは能がないため、今年はブルーベリーの苗木を育ててみました。
食べるほうに夢中になり、写真は最後の一粒になってしまいましたが・・・

u[x[.jpg





ブルーベリーは、濃い青紫色の果実で、水溶性のアントシアニン色素を含んでいます。このアントシアニン色素が眼によい効果があるといわれています。

イギリス空軍のパイロットがブルーベリージャムが大好物で夜間に薄明かりの中でもものがはっきり見えた話は有名ですね。

アントシアニン色素は、人間の網膜中のロドプシンという紫色の色素体を再結合させる働きがあり、酷使した目の疲れがとれるそうです。

また、アントシニン色素は強力な抗酸化作用があり、有害な活性酸素を抑えるため、
ガンや脳卒中など、成人病の発病、あるいは老化やさまざまな症状に効果があるそうです。

この他、ブルーベリーの果実成分の中で注目すべきは、食物繊維の量が極めて多いことです。


苗木を育ててみてわかりましたが、1本の苗木から取れるブルーベリーの数はほんのわずか。
食べるというより、栽培を楽しむといった感じでした。

ジャムか錠剤を購入するほうが得策です。

でか目、ぱっちり目サプリ『リラックスアイズ』

【関連する記事】
posted by けんちゃん at 19:05| Comment(0) | TrackBack(1) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Excerpt: ロドプシンロドプシン (Rhodopsin)、別名視紅(しこう)は脊椎動物の光受容器細胞で発現する色素である。網膜において光受容器細胞の形成と光の認識の初期段階を引き起こす。Gタンパク結合受容体に属し..
Weblog: (目)のすべて
Tracked: 2007-09-29 19:38
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。