2007年09月10日

ミラクリン

ミラクリンは、ミラクルフルーツに含まれるタンパク質で、酸っぱいものを食べたとき、甘い感じがする不思議なフルーツです。

ミラクリンは、赤い実のフルーツで横浜国立大学の栗原良枝教授(故人)を訪ねた折に紹介されました。先生は、教育学部に所属されていましたが、熱心に研究されていたのに感銘を受けた記憶があります。

当時は、ミラクリンよりクルクリンに興味を持たれているようでした。

クルクリンも不思議なフルーツで、クルクリンを口に含むと水を飲んでも甘く感じたりします。

これらは、味覚修飾物質といわれ、添加物として厚生省(現在の厚生労働省)の認可を受けたことがあります。


朝、出かけに見た『めざましテレビ』で紹介されていました。

すっぱいものが甘くなる、不思議な果実。テレビや雑誌・新聞などで話題のミラクルフルーツ。ミラクルフルーツ(5粒入り×2袋)

【関連する記事】
posted by けんちゃん at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。